邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 野獣死すべし(1959)

<<   作成日時 : 2014/04/24 16:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

表向きは優秀な大学院生(仲代達矢)は、完全犯罪を容赦なく行う殺人者。彼は若き刑事を殺し、拳銃を奪って逃亡する。新米刑事(小泉博)は彼の論文から、犯人と睨み捜査するが証拠が掴めない。やがて彼は米国への留学資金を得るため、授業料が払えず退学処分になった若者(武内享)を引き入れ、納入された入学金を狙って自分の大学を襲い、大金を手にする。
ベストセラーになった大藪春彦の原作を須川栄三が映画化した。仲代達矢の存在感が凄い。犯罪そのものが目的の犯罪を犯す、そして良心の一欠片もない虚無的な人間を、独特の演技で観客に納得させている。最初から最後まで彼の映画と言っても言い過ぎではない。大藪春彦のハードボイルド小説の世界を体現出来るただ一人の役者かもしれない。
あれだけ銃を至近距離でぶっ放したら返り血を浴びるだろうとか、突っ込み所も無いではないが、そんなことは気にならない存在感のある映画である。
尚、松田優作が主演したリメイク版があるが、本作品とも原作とも全く違ったものに仕上がっている。松田優作にはこの役は荷が重すぎたのかもしれない。

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村

野獣死すべし [DVD]
東宝
2006-07-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野獣死すべし [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



野獣死すべし (角川文庫 緑 362-24)
KADOKAWA
大薮 春彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野獣死すべし (角川文庫 緑 362-24) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野獣死すべし(1959) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる