邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS ニワトリはハダシだ(2003)

<<   作成日時 : 2014/04/25 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

知的障害を持つ少年(浜上竜也)は、潜水夫の父(原田芳雄)と二人暮らし。少年が抜群の記憶力を持っていることから、検察の汚職事件に巻き込まれ、別居中の妹(守山玲愛)と共に連れ去られる。母(倍賞美津子)や担任教師(肘井美佳)、祖母(李麗仙)らを巻き込んでの大騒ぎになる。
森崎東監督の世界がタップリと堪能できる。舞台が舞鶴ということもあり、在日朝鮮人の問題やら、検察上部の汚職事件やら色々と社会的な背景を描きながら、芯は親子の情感に溢れた喜劇になっている所が見事。特に子供を一人前の潜水夫に育て上げようとする父親の愛情はぐっとくるものがある。正に、知的障害などあろうがなかろうが、親の愛情があれば「一人前」になっていく。そんな当たり前の事を、泣き笑いの内に訴えかけてくる。
出てくる人間一人一人が内面にどうしようもない悲しみを秘めている。在日朝鮮人の母親、担任教師、そしてその事件担当の警部である父親(石橋蓮司)など数え上げればきりがない。それを実に丹念に描きながら、全体としてはドタバタ喜劇に仕立て上げている。いつもの事ながら感心してしまう。
笑福亭松之助、岸部一徳、塩見三省などが悪役で出演している。この迫力も凄い。

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村

ニワトリはハダシだ [DVD]
GPミュージアムソフト
2006-03-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニワトリはハダシだ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニワトリはハダシだ(2003) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる