邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大脱獄(1975)

<<   作成日時 : 2014/04/09 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

無実の罪で死刑囚として網走刑務所で服役している男(高倉健)は、他の死刑囚(加藤嘉、郷^治、室田日出男等)と脱獄するが、仲間割れ等で生き延びたのは尊属殺人犯(菅原文太)と彼だけになる。無実の罪を被せた男達(田中邦衛、田中浩)に復讐すべく南へ向かうが・・・
石井輝男監督が脚本も手がけた。こういう単純なアクション映画というのは日本ではあまり傑作がないように思う。やはり、義理や人情が邪魔をするからだろうか?その点、この映画はあまりそれを気にしなくても済む。どんどん登場人物はド派手に死んでいくし、それも悪いやつから無残に死ぬ。お約束通りで気持ちいい。流石、網走番外地を撮った監督である。娯楽映画の「ツボ」を心得ている。
網走番外地同様、雪原を逃亡する主人公を救うのは、「人情」と「炎」である。これもお約束通り出てくる木の実ナナ演じる行きずりのストリッパーや最後にいい相棒になる菅原文太はいい味を出している。それと落ち着く先々で暖を取る焚き火だったりストーブだったりの炎を意識した演出は映画全体を引き締めてくれている。
この映画が公開された当時は「仁義なき戦い」がヒットして、いわゆる任侠映画というものが下火になっていた時期。だからこそこういう単純な娯楽映画を撮った心意気やよしである。

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村

大脱獄 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2009-01-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大脱獄 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大脱獄(1975) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる