邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 青春の殺人者(1976)

<<   作成日時 : 2014/05/22 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

スナック店長(水谷豊)は、ふとしたことから父母(内田良平、市原悦子)を刺殺する。店を一緒にやっている幼馴染の女(原田美枝子)と共に、死体を海に沈め逃亡しようとするが・・・
中上健次の原作を長谷川和彦が撮った。親殺しを扱っているので、派手な映画になっているが、家族や恋人から自由になろうとする若者の悪足掻きを見せられる。ある年齢までの人にとって、切実な問題なだけに、現代でも共感する人も多いと思う。只、時代の影響か、監督の趣味か、成田闘争とオーバーラップさせているかのような筋書きなので、その辺りは古く感じるかもしれない。
映像的には死体の処理をする場面の迫力は凄まじい。というか、冒頭の殺人シーン、特に母を殺すまでのシーンが鬼気迫るものがあり、そこを見終わると後のシーンはおまけみたいに感じてしまう。その原因の一つは、市原悦子の怪演ぶりにあるのだが・・・

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村

青春の殺人者 HDニューマスター版 [DVD]
キングレコード
2014-02-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 青春の殺人者 HDニューマスター版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
青春の殺人者(1976) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる