邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS ドレミファ娘の血は騒ぐ(1985)

<<   作成日時 : 2014/08/25 17:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

田舎から高校時代の先輩を追いかけて大学へ来た娘(洞口依子)は、大学があまりにイメージとかけ離れた所なので愕然とする。そこで、「恥ずかしさの研究」を行っている心理学教授(伊丹十三)と出会う。・・・
黒沢清監督作品。当初はポルノ映画として制作されていたが、一般商業映画に変えて封切られたという作品。そのせいばかりではなかろうが、自主制作映画の匂いを残していて微笑ましい。後に恐怖映画を多く撮ることとなる黒沢監督だが、それにも通じる一種独特の空虚感が、、乱痴気騒ぎに明け暮れる大学生たちの空虚感とうまくマッチして、独特な世界を作り出している。
ここに描かれる大学のイメージは、昔の人間には懐かしい物だが、真面目に就活に明け暮れる最近の大学生には想像も出来ない世界かもしれない。そうだとすると何か寂しい。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



ドレミファ娘の血は騒ぐ [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2001-08-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドレミファ娘の血は騒ぐ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドレミファ娘の血は騒ぐ(1985) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる