邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 金環蝕(1975)

<<   作成日時 : 2014/09/18 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

官房長官(仲代達也)は、政界の黒幕と言われた金貸し(宇野重吉)に金の工面を依頼してきた。金貸しはそれを断り官房長官の周辺を調査させる。すると、官房長官はダム建設に関連した献金を受け取ろうとしていることが分かる。・・・
実際にあった九頭竜川ダム汚職事件を題材にした石川達三の原作を山本薩雄監督が撮った。流石に山本監督の手にかかるとこういうドラマは大変面白くなる。例のごとく、出て来るのは一癖も二癖もある悪人ばかりである。そしてその悪人たちにもランクがあり、より悪い人間だけが生き残っていく。倫理上良い事なのかどうかはともかくその過程の緊張感は大変面白い。それを演じる役者も仲代達也、宇野重吉、高橋悦史、西村晃等の芸達者たちが競い合うようにして悪人ぶりを見せつけてくれる。三国連太郎が正義の味方に見えるぐらいだから凄いものである。もちろん、その中に人間の悲しみを描き込むことを忘れていない。
実際に起こった事件を基にしているので、登場人物にはモデルがいる。有名な池田勇人や佐藤栄作、田中角栄などが実物そっくりに出てくるのも見所の一つである。
大きな社会問題を追及する映画であると同時に、いろいろと楽しめる面白い映画になっている。
それにしても、こういう政治献金絡みの問題が多く起こったからこそ、政党交付金が支給されるようになった筈である。ところが、最近企業からの政治献金を認めるという話が、経団連などから大手を振って為されている。こういう事を許すようなら何のための政党交付金か分からない。全く、学習能力のない国民である。もう一度この映画を見て勉強し直して欲しいと思う。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



金環蝕 [DVD]
角川書店
2012-10-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金環蝕 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



金環蝕 (岩波現代文庫)
岩波書店
石川 達三

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金環蝕 (岩波現代文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今はない日劇で見ました。そっりショーで、中では佐藤栄作夫人の北林谷栄が最高でしたね。
さすらい日乗
2014/10/17 20:39
コメント有難うございます。
日劇は外からしか見たことがありません。
田舎者なもので(笑)
羨ましい限りです。
松木完之
2014/10/18 11:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
金環蝕(1975) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる