邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の黒い夏[冤enzai罪](2001)

<<   作成日時 : 2014/09/10 10:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

松本市の高校の放送部員(遠野凪子、現なぎこ、斉藤亮太)は、地元で起きた冤罪事件を調べる為放送局を訪ねる。対応した報道局長(中井貴一)と記者達(北村有起哉、細川直美、加藤隆之)と話す内、充分な証拠のないまま無責任な報道が流されていたことが明らかになっていく。・・・
事件の第一通報者の河野義行氏に対する冤罪事件としても有名な「松本サリン事件」を題材に、熊井啓監督が撮った。映画の大半が、放送局の応接室での高校生と記者達のやりとりから成る、一種の密室劇風に展開していく。只の実録物に終わらせていない所が流石に熊井監督。社会派と言われるが、人間の哀しみを描かせると日本一かもしれない。第一通報者(寺尾聰)を無実と思いながら自白へ追い込んでいこうとする刑事(石橋蓮司)の描き方など実に巧みである。第一通報者の無実説に傾いていく報道局長と抵抗する記者(北村有起哉)のせめぎ合いなど人間ドラマとして見所満載である。只、事件当日の様子をラスト近くに持ってくる必要があったのだろうか?事件の説明ならば、冒頭に持ってきても良かったのではという気がする。
それにしても、権力に従順なマスコミの安易な報道と、それに簡単に乗せられてしまう大衆世論。この構図によって作り出される冤罪は、村木厚子氏の「障害者郵便制度悪用事件」、小沢一郎氏の「西松建設への陸山会からの献金事件」など後を絶たない。つくづく学習能力のない国民だなあと呆れてしまう。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



日本の黒い夏 [冤enzai罪] [DVD]
日活
2001-11-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の黒い夏 [冤enzai罪] [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日本の黒い夏―冤罪・松本サリン事件
岩波書店
熊井 啓

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の黒い夏―冤罪・松本サリン事件 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の黒い夏[冤enzai罪](2001) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる