邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界大戦争(1961)

<<   作成日時 : 2014/10/20 10:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

アメリカの雑誌記者の運転手(フランキー堺)は、妻(乙羽信子) 、船員(宝田明)と結婚を誓い合っている娘(星由里子)等と幸せな生活を送っていた。そんな折、朝鮮半島での軍事衝突で小型核弾道弾が使われ、連合国側と同盟国側との軍事衝突が近づいていた。 ・ ・ ・
八住利雄、馬渕薫の脚本を円谷英二特撮監督、松林宗恵監督で撮った。所謂「キューバ危機」を翌年に控えた冷戦真っ只中の時期に作られた作品。本当にこの時代は全世界が核戦争に何時巻き込まれてもおかしくないという危機感に溢れていた。第二次世界大戦の記憶も生々しかった時代でもあり、これを見た観客は現代よりもリアリティを持って見入った事だろう。最終的には、地球規模の核戦争が起こり人類全滅の危機に直面して終わるのだが、この映画の特徴的な所はこの戦争を引き起こした張本人の大国の指導者達は一切画面には出てこない事である。主人公家族は勿論、戦場で指揮を執っている兵士までもが純粋に平和を祈り戦争を避けようとしている。日本国政府もその立場は同じである。それでも尚、大きな力が働き戦争を起こし世界を破滅に導いていく。救いようのない無常感に溢れた映画だと言えなくはない。しかし、一旦戦争への道を歩み始めれば止められないという事実から認識し、日頃より戦争の悲惨さ、平和の有り難さを訴え続けていかなければならないと認識させてくれる貴重な作品である。戦争の記憶が薄れてしまい、危機感の欠片も無くしてしまった現代の日本人にこそ観て頂きたい映画である。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



世界大戦争 【期間限定プライス版】 [DVD]
東宝
2014-02-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界大戦争 【期間限定プライス版】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界大戦争(1961) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる