邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 終の信託(2012)

<<   作成日時 : 2014/11/06 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

同僚の医師(浅野忠信)との恋にやぶれて自殺未遂を起こした女医(草刈民代)を救ったのは担当している喘息患者(役所広司)との触れ合いだった。そんな日、彼女は彼から死期が近付いたら安楽死をさせてくれるように頼まれる。そして、彼が心肺停止状態で担ぎ込まれる。・・・
川崎協同病院事件」をモチーフにした朔立木の原作を映画化した周防正行監督作品。実際に起こった事件を下にしているのだが、患者の家族関係があまり描かれていないので、主人公達の追い詰められた想いが伝わってこない。この作品だけを観ていると、最後の決断も医者の独りよがりに見えてしまう。安楽死の是非を問う社会派作品にしたかったのだろうが、これでは一人の男を取り巻く愛憎劇に見えてしまうし、そちらに話の力点を置いた方が面白い作品になったのではないかと思われる。いくら医者と患者の関係とは言え、家族以上には何の決定権も無い筈であり、そんなに感情移入することは許される訳がない。その、いわば許される事のない感情をここまで見せつけられると、興醒めしてしまう。主人公が医師として明確な倫理観や使命感を持った人間であることが必要であるにも関わらず、そこが抜け落ちているために映画全体の説得力が全く無くなっている。意地悪な言い方だが、典型的な悪女であると思わざるを得ない。そう考えると作品の後半の検事(大沢たかお)とのやりとりの場面は全く不要といっても良いかもしれない。監督の思いだけが先走ったような作品であった。取り上げたテーマは重く普遍的なものであるだけに、非常に残念である。
この映画の中では悪役とも言える浅野忠信と大沢たかおの堅実な演技が上手に映画を締めていた。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



終の信託【DVD】(特典DVD付2枚組)
東宝
2013-04-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 終の信託【DVD】(特典DVD付2枚組) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



終の信託 (光文社文庫)
光文社
2012-06-12
朔 立木

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 終の信託 (光文社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
終の信託(2012) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる