邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪人(2010)

<<   作成日時 : 2014/11/11 17:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

長崎で祖父母の面倒を見ながら暮らしている解体工(妻夫木聡)は、出会い系サイトで知り合った女(満島ひかり)をふとしたはずみで殺してしまう。その後で知り合った女性(深津絵里)と一緒に逃亡するが・ ・ ・
吉田修一の原作を李相日監督が撮った。ベストセラーの映画化という事で、長い物語を一本の映画に収めようとして苦労した跡が窺える。悪く言えば周りの人間のエピソードが多すぎて散漫になってるのだが一つ一つのエピソードに繋がりがあり、それがテーマと密接に絡んでくるので最後まで観るとそれ程気にはならない。只、主人公二人の逃避行に的を絞ってもっとスピーディーに描くとまた別の面白い映画になったと思う。ラストシーン近くで被害者の父親(柄本明)が、この映画のテーマらしきものを喋ってしまうのは興醒めだった。そこまで喋らせなくても十分に良く分かる作品だろうと思う。
俳優達の演技は夫々に秀逸。特に、どうしようもない孤独感を体全体で表現した深津絵里と、最後まで嫌な男になり切ろうとした岡田将生の演技力が光っていた。柄本明、樹木希林、光石研等のベテラン陣が脇をしっかりと固めて見飽きさせなかった。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



悪人 スタンダード・エディション [DVD]
東宝
2011-03-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪人 スタンダード・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



悪人
朝日新聞社
吉田 修一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪人(2010) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる