邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 網走番外地(1965)

<<   作成日時 : 2014/12/16 10:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ヤクザの殴り込みで人を殺した男(高倉健)は、網走刑務所に収監された。同じ雑居房の囚人達が脱走計画を立てるが、病気の母親(風見章子)に会いたくて、保護司(丹波哲郎)に一時外出を頼んでいる彼は乗り気でない。その計画は、有名な殺人鬼(嵐寛寿郎)の機転によって潰れるが、奥地の作業に行く途中で、仲の悪い囚人(南原宏治)と一緒に手錠に繋がれたまま脱獄する羽目になる。・・・
石井輝男監督作品。人気シリーズの第一作。この作品が作られた時はヒットシリーズになるとは思っていなかったらしく、本作品もモノクロである。筋書きもヒットしたアメリカ映画「手錠のままの脱獄」を明らかに真似している、いかにも力の入っていない作品である。こういう作品の中から後々まで名作と言われるものが生まれるのだから、本当に面白い。
やはりこの作品の一番の魅力は。筋書きの分かり易さとスリルに溢れた展開だろう。驚かされるのは嵐寛寿郎扮する老囚人の正体ぐらいで、後は映画のラストまで予想がつく展開である。しかしながら、モノクロの画面から生み出される迫力のあるシーンの一つ一つが見ている人の緊張感を高めて行く。俳優の力量によるところも大きいが、理にかなったカメラワークと台詞のなせる業だろう。正にアクション映画のプロ、石井監督である。
当時、売り出し中の高倉健の魅力を魅せるための映画である事はよく分かる。あの、今では有名な歌が随所随所で流れてきて、嫌でも覚えてしまう。周りを、安部徹、待田京介、田中邦衛等、芸達者な役者で囲み、どこか憎みきれない暴れん坊という高倉健の嵌り役を確立した映画であるといえよう。それにしても丹波哲郎と嵐寛寿郎の迫力は凄い。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



網走番外地 [DVD]
東映ビデオ
2002-07-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 網走番外地 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



網走番外地
テイチクエンタテインメント
2014-12-31
高倉 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 網走番外地 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
網走番外地(1965) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる