邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗黒街の顔役(1959)

<<   作成日時 : 2015/01/15 15:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

金融会社の社長を殺した前科を持つ元暴力団の男(宝田明)は、恋人(柳川慶子)の為に堅気になって歌手になろうとしていた。その殺人を目撃した少女(笹るみ子)が近くで働いていると知った暴力団幹部の兄(鶴田浩二)は、歌手をやめて、身を隠すように勧めるが、聞く耳を持たなかった。 ・ ・ ・
岡本喜八監督作品。岡本監督三作目の作品で、まだ本領を発揮していないと言う所だろうが、所謂ギャング映画だが湿っぽい人情話が目立ちすぎて、純粋に対決シーンを楽しめない。主人公の兄弟もヤクザ稼業から本当に足を洗いたいのかどうか良く分からない所があり、純粋に善人が悪人をやっつけてしまうという開放感に浸れないのが最大の欠点であろう。どうしても暴力団組織から逃れることが出来ない人間の苦悩を描きたいのであれば、主人公の兄弟がヤクザ稼業に手を染めた理由を説明しておかないと感情移入することは無理である。人情話もアクションもと欲張りすぎて、結局中途半端になってしまったという感じが否めない作品である。岡本監督はこのすぐ後、自身の脚本の「独立愚連隊」を発表し、好評を博するのだが、何らかのメッセージ性を持った作品にこそ、彼の手腕が発揮されるので、こういう単純な娯楽作品は向いていないと言えるのかもしれない。カメラワークにはスピード感があり、テンポよく仕上がっているので残念な作品である。
とは言え、鶴田浩二と宝田明が出演し、宝田明は歌まで披露してくれるのだから、観客にとっては十分に満足出来る作品であっただろう。おまけに脇役で三船敏郎までが出演している。最後に反逆する三船敏郎は美味しい所を一人で持っていったような役ではあるが、それだけに拍手喝采であっただろう。美味しい所を持っていたといえば、デビュー間もない佐藤允の演技は秀逸だった。一見の価値有り。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



暗黒街の顔役 【東宝DVDシネマファンクラブ】
東宝
2014-09-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 暗黒街の顔役 【東宝DVDシネマファンクラブ】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暗黒街の顔役(1959) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる