邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 煙突の見える場所(1953)

<<   作成日時 : 2015/01/23 17:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「お化け煙突」の見える北千住に住む夫婦(上原謙、田中絹代)は貧乏長屋住まい。その二階にはお互いに好意を持っている男女(高峰秀子、芥川比呂志)が住んでいる。ある日、戦災で生き別れになった前夫(田中春男)と妻の子供が置き去りにされていた。妻に裏切られたと思った夫は妻を責めたてるが、妻には覚えがなかった。 ・ ・ ・
椎名麟三の原作を五所平之助監督が撮った。終戦後の慌ただしい世情の中で市井に生きる人々の哀歓を、細かく描いたコメディである。椎名麟三の小説らしい雑然とした人間模様を上手く映像化している。お題目を唱える声や赤ん坊の泣き声などの生活空間に溢れている雑音の中で話が展開していく。それは様々な人間の異なった思惑がぶつかり合う音とも重なり、独特な空間を作り出すと共に、ある種の滑稽さを醸し出していて非常に面白い。最後は赤ん坊の命を助ける為に皆が力を合わせて新たな繋がりを得ていくわけだが、それに至るプロセスの世代間の相違が、この時代を映し出していて興味深かった。結局は一番進歩的で合理的な考え方をする高峰秀子扮する若い女性が先頭に立って引っ張っていくのもこの時代らしくて興味深い。こういう煩雑な人間関係の素晴らしさを見せてくれる映画が少なくなってきたので、逆に新鮮な気がするのが面白いところである。
主役の四人よりも脇を固める浦辺粂子や三好栄子、関千恵子などが、それぞれいい味を出して映画を締めている。見る角度によって一本から四本までに見える「お化け煙突」ももう取り壊されてしまったので必見。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



煙突の見える場所 [DVD]
バップ
2005-09-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 煙突の見える場所 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
煙突の見える場所(1953) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる