邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 南極物語(1983)

<<   作成日時 : 2015/01/27 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

第一次南極越冬隊の潮田(高倉健)と越智(渡瀬恒彦)は十五頭の樺太犬の世話係。第二次越冬隊の犬係(佐藤浩市、江藤潤)に業務を引き継ぐ予定だったが、南極観測船が昭和基地に接岸できず、犬を捨てて帰国せざるを得なかった。潮田は犬を提供してくれた人を訪ねて詫びて回った。 ・ ・ ・
有名な実話をもとに 、蔵原惟繕監督が撮った。あまりにも有名な話を元に作った大作なので、作りにくい面も多々あったと思うが、周りの人間の感情にあえて焦点を当てずに、南極の過酷な自然の中で必死に生き抜く犬の姿を中心に描くことで、映画としては成功している。あくまでも、家族全員で安心して見られる娯楽作品として作られている。
その分、それに関わった人間達の苦悩や葛藤はあまり描かれず、その点は不満が残るが、こちらをあまり描くとどうしても重たくなってしまうので、ある意味、これぐらいでお茶を濁して正解だったように思う。
やはり特筆すべきは、ロケーション隊の腕前と犬の名演技。実際には北極海で撮ったらしいが、この雄大な自然をバックに繰り広げられる犬のサバイバル物語はまるでノンフィクションを見ているような迫力があった。勿論、一番大変な思いをしたのは犬達であるが、これを撮り切ったスタッフの努力にも敬意を評したい。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



南極物語 [DVD]
フジテレビジョン
2001-11-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 南極物語 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫)
小学館
北村 泰一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南極物語(1983) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる