邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS ふるさと(1983)

<<   作成日時 : 2015/02/23 09:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ダムの底に沈む村に住む老人(加藤嘉)は、息子夫婦(長門裕之、樫山文枝)と一緒に住んでいた。夫人に先立たれ認知症の症状も現れてきた老人に息子夫婦も手を焼くが、近所の少年(浅井晋)とアマゴ釣りに行くようになって、徐々に落ち着いてくる。 ・ ・ ・
実際にダムの底に沈んだ岐阜県の徳山村で教員をしていた平方浩介の原作を神山征二郎監督が撮った。神山監督の映画らしく真実の持つ重みをそのまま映像に写し込んだ作品である。生まれ育った故郷が日々刻々と終わりに近づいているという焦りの中で、日々の生活と向き合っていかなければならない残酷さを容赦なく描いている。それと共に、現在も深刻な問題となっている認知症の問題に真正面から向き合った力作でもある。この映画の主人公には、生まれ育った山や川の風景が強い味方となってくれているが、現在の老人には、こういう味方が居るのだろうか、又、居ても奪われているのではないかと思うと暗澹たる気分になる。
この徳山ダムを建設の是非については、揉めに揉めて、一九七六年に工事に着手してから二〇〇八年の完成まで、実に32年の歳月を要した。未だにその効果や環境に対する悪影響などに基づいて不要なものだと断罪する声も大きいと聞く。その代償として、そこの住民のみならず、日本人全体が失ったものは余りに大きかったのではないだろうか。そんな事まで考えさせられる作品である。
主演の加藤嘉の演技はベテランらしく秀逸。「砂の器」と並ぶ、晩年の代表作であろう。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



ふるさと [DVD]
ローランズ・フィルム
2013-12-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふるさと [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



じいと山のコボたち (童心社・創作シリーズ)
童心社
平方 浩介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by じいと山のコボたち (童心社・創作シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふるさと(1983) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる