邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 鴎よ、きらめく海をみたか めぐり逢い(1975)

<<   作成日時 : 2015/02/08 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

炭鉱町から東京へ出て来た青年(田中健)は、同じように孤独な境遇の少女(高橋洋子)に一目惚れする。徐々に親しくなっていく二人だったが、高校時代から目をつけられていた男(高岡健二)に犯されて彼女は姿を消す。彼は想像上の町に密航しようとした所を逮捕されて、身元引受人に彼女を指名する。再会した二人だったが・・・
岩間芳樹の脚本を吉田憲二監督が撮った。田舎の古い因習から解き放たれて都会で自由に生きたい若者の味わう絶望感を描きたいという狙いはよく分かるのだが、あまりうまくいっていないような気がする。二人の持っている故郷での忘れたい経験というものが説明不足の上に陳腐すぎて、主人公達が前に向いて行こうとしたときにあまり感情移入することが出来ない。そんな二人の想いを怪我をした鴎に託しているのだが、あざとい感じしか受けない。
その上、女性のほうの人物設定が中途半端で積極的に生きようとしているのかどうか最後まで良く分からなかった。高橋洋子の人気と演技力に頼りすぎた様に感じられた。田中健扮した男性の方も現在で言えばストーカーであり、薄っぺらな人間に見えてしまう所が残念だった。
まあ、ちょっとひねくれたアイドル映画として観ると良いのかもしれない。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



鴎よ、きらめく海をみたか めぐり逢い
2013-06-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鴎よ、きらめく海をみたか めぐり逢い の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
映画の最後で、憧れていた何とかという場所は架空のものだと明かされて、「一体この映画はなんだ!」と思いました。まるで時間の無駄じゃないかと。
最後でびっくりしましたよね
2015/02/16 09:00
まあ、脚本として読むには面白いかもしれないけれど、映画向きとはいえないような内容です。
松木完之
2015/02/17 07:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
鴎よ、きらめく海をみたか めぐり逢い(1975) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる