邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の黒幕<フィクサー>(1979)

<<   作成日時 : 2015/03/17 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

政界の黒幕、山岡(佐分利信)を少年(狩場勉)が襲うが、書生(田村正和)に取り押さえられる。山岡に気に入られた彼は、門下生となる。山岡と彼の肝入りの首相(金田龍之介)は、航空機疑惑の被疑者となり、関西の暴力団と手を組んだ政敵に徐々に追い詰められていく。
高田宏治の脚本を降旗康男監督が撮った。「ロッキード事件」を題材にしたヤクザ映画という一風変わった代物。難しそうな顔をして観る映画ではないが、政治の裏側をなかなか上手く描いていると言えよう。日本の権力と富を手に入れた人間の執念と狂気を、佐分利信がリアリティーたっぷりに演じていてお見事!政治的な駆け引きというものはもっと目につかない所で隠密裏にやられるものだと思うし、そこがまた面白いのだろうが、切った張ったの世界で決着をつけるこの映画の方が、現実の政治の世界よりもまだ救いが有るのかもしれない。お硬くなりがちの題材に良い味付けとなっているのが、本作品全編に溢れる耽美性。男色の世界を彷彿とさせる映像が、主人公の住む世界の異常性を否応なく強調している。その中心にいる田村正和の立ち居振る舞いの美しさは流石。異母姉弟であることを知らされず、愛し合うように仕組まれる相手を演じた松尾嘉代も好演。鶴田、高倉、菅原等東映ヤクザ映画を代表する俳優が登場しないのも、違う味を出していて面白い作品になっている。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



日本の黒幕 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2015-03-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の黒幕 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の黒幕<フィクサー>(1979) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる