邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大誘拐 RAINBOW KIDS(1991)

<<   作成日時 : 2015/03/29 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

刑務所仲間の三人(風間トオル、西川弘志、中田勝康)は和歌山一の大富豪の老婆(北林谷栄)を誘拐するが、当初から計画の主導権を老婆に握られてしまう。その計画は冴えて、県警本部長(緒形拳)等の捜査の裏をかいて百億円の身代金の受け取りに成功する。 ・ ・ ・
天藤真の原作を岡本喜八監督が撮った。原作の面白さに加え監督のスピーディーな演出が冴え渡った傑作である。この作品の要は、戦争で家族を奪われた主人公の国に対する思いを背景とした静かな国家への復讐劇と、主人公を愛してしまう周囲の人物の人情物語なのだが、身代金をめぐる攻防などもどんなサスペンス映画よりも面白い。古くからの知り合いの県警本部長に主人公が自分の心情を吐露するラストシーンは、何度見ても感極まってしまう。
限られた時間の中に様々な要素を盛り込んみながらも纏めていく手腕は流石。娯楽映画を知り尽くしていると言っても過言では無い岡本監督のなせる業である。
北林谷栄の存在感は当たり前なのかもしれないが光っている。周囲の誰からも愛され信頼されている事を何も説明しなくても観客に納得させてしまうのは凄いの一言に尽きる。対照的に、犯人役の三人は演技も決して上手とは言えないが、朴訥な青年達として上手く収まっている。
只、身代金の半額以上は国家が支払ってくれるという説明は、この映画だけでは余程税制に詳しい人で無い限りは分からないだろうと思う。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



大誘拐 RAINBOW KIDS [DVD]
東宝
2006-02-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大誘拐 RAINBOW KIDS [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



大誘拐―天藤真推理小説全集〈9〉 (創元推理文庫)
東京創元社
天藤 真

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大誘拐―天藤真推理小説全集〈9〉 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大誘拐 RAINBOW KIDS(1991) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる