邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 渇き。(2014)

<<   作成日時 : 2015/03/10 14:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

刑事を止めた男(役所広司)に、妻(黒沢あすか)から娘(小松菜奈)が失踪したという連絡が入る。娘の部屋を探してみるとドラッグを常習していた痕跡があった。更に友人と会ってみると、娘が不良グループを仕切っていて、殺人事件とも関係がありそうなことが分かってきた。 ・ ・ ・
深町秋生の原作を中島哲也監督が撮った。ショッキングなシーンをわざと積み重ねて作ってるので、話のあらすじが見えづらくなっていてしまっている。本来ならば、娘の「心の渇き」から来る満たされぬ思いで、最後まで説明がつく一貫したミステリーなのだが、この作り方では父親を始め、登場人物全てが狂っているようにしか見えない。残念な気もするが、原作を借りて、その生身の人間の狂気を描き出そうとするのが監督の本来の狙いだと思うと納得がいく。限られた時間の中で、この二つを両立するのはなかなか難しいだろうと思うので、これはこれで面白い試みだと思う。ただ、全ての犯罪の動機をもう少し丁寧に説明してくれると、より多くの観客が興味を持って見ることが出来たように思う。
速いテンポで見せられる暴力シーンの連続が、この映画の特徴であり、売りのような気がする。ここには勿論、中島監督の独特な演出も冴えており、なかなか魅せてくれる。特に、妻夫木聡の演技は必見である。
公式サイトはこちら



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ






果てしなき渇き (宝島社文庫)
宝島社
深町 秋生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 果てしなき渇き (宝島社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渇き。(2014) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる