邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 下町の太陽(1963)

<<   作成日時 : 2015/04/18 13:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

化粧品会社の女子行員(倍賞千恵子)は、同僚の正社員を目指している男(早川保)と現在の貧乏な生活から抜けだして郊外の団地に住むことを夢見ていた。ある日、弟(柳沢譲二)が万引きを働き補導される。それがきっかけで、近くの鉄工所で働く不良っぽい工員(勝呂誉)と知り合う。 ・ ・ ・
山田洋次監督の長編出世作である。主演の倍賞千恵子が歌ったヒット曲にあやかって作られた映画で、倍賞千恵子の魅力を最大限に見せようとした作品である。下町の貧乏な生活からどうにかして抜け出そうとする高度成長期の若者の心情は、今では理解しづらいかもしれないが、当時の若者の平均的な心理であったように思われる。そういういわば拝金主義的な風潮に疑問を投げかけた本作は、当時の疲れ切った若者を勇気づけた事は間違いないだろう。常に様々な形で弱者の視点を大切にした山田洋次監督の原点を見る思いがする。
当時、アイドルであった倍賞千恵子の可愛さを見るだけでも価値があろう。脇を固める武智豊子や藤原釜足、東野英治郎、左卜全などの演技にも注目。待田京介の嫌味たっぷりな演技も必見。
又、ダンスホールなど当時の風俗の一端を窺い知れるのも嬉しい。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



あの頃映画 「下町の太陽」 [DVD]
松竹
2012-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あの頃映画 「下町の太陽」 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
下町の太陽(1963) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる