邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しき土 Die Tochter des Samurai(1937)

<<   作成日時 : 2015/04/27 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ドイツから女友達(ルート・エヴェラー)と一緒に日本に戻ってきた男(小杉勇)は、日本の古い因習に反発し、妹同様に育ってきた許嫁(原節子)との結婚を断ろうとしていた。しかし、日本の文化の素晴らしさを再認識し、最後には結婚し満州にわたって開拓に励むのだった。
伊丹万作とアーノルド・ファンクの共同監督の日独合作映画である。二人の監督の間にコミニュケーションがとれているとは思えず、何か日本の珍しいものを次々と見せてくれるだけの映画になってしまっている。今回見たのはアーノルド・ファンクが監督した作品だが、公開時にはこれとは別に伊丹監督の作品も公開されたと言うから、二人とも相当に不満の残った作品だったのだろう。筋書きも単純な割に、抽象的な台詞が多く決して見やすいとは言えなかった。只、山岳監督として有名なアーノルド・ファンクが撮った浅間山の噴火とそこを登っていく主人公の情景は迫力があった。
当時の世界情勢から、日本とドイツが軍事的な同盟を結ぶに当たり、ドイツの中にある根強い有色人種に対する偏見を払拭しようとする意図は感じられるし、ある程度成功したのではないかと思われる。
只、東京と大阪がごっちゃになっていたり、東京にあるはずの主人公の家の近くに厳島神社があったりして、地理的には全く整合性が取れていない。このあたりは御愛嬌と言うべきだろう。
当然、国策映画としても重要なので、キャストに当時世界的なスターだった早川雪洲を迎え、当時人気のあった小杉勇と共演している。現在となって貴重なのはまだ新人女優だった原節子がこの映画によって一気に大スターになったことだろう。流石に美しい。又、音楽は山田耕作が担当している。この辺にも力の入り方が分かるというものだ。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



原節子 十六歳 ~新しき土~ [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2009-04-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原節子 十六歳 ~新しき土~ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新しき土 Die Tochter des Samurai(1937) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる