邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 異人たちとの夏(1988)

<<   作成日時 : 2015/04/28 16:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

妻子と別れたシナリオライター(風間杜夫)は、仕事帰りに浅草で死んだ筈の父(片岡鶴太郎)と会う。更に家に行くと同じく死別した母(秋吉久美子)も居た。一方、同じオフィスビルで住んでいる女性(名取裕子)と親しくなっていくが、楽しい気分に反して身体はだんだん目に見えてやつれていく。 ・ ・ ・
山田太一の原作を市川森一が脚色し大林宣彦監督が撮った。孤独な中年男が幼くして死別した両親との交流を通して生きる意味を考えるという話なのだが、単純に両親との再会が嬉しいというだけの話に終わってしまっていて、そこに明確な親子の葛藤がないのであまり話として盛り上がりには欠けているような気がする。もう一方の自殺した女性に取り憑かれてしまう話は、恐怖映画的な要素が強く、両親とのほのぼのとした会話の間に挟むには雰囲気があまりに違いすぎる。
全体として恐怖映画的な要素を強く打ち出そうとしたのかもしれないが、亡くなった両親と再会できるという誰もが共感できる題材を扱っているだけにもっとこちらに重きを置いた方が良かったように思われる。非常に残念な作品である。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



あの頃映画 「異人たちとの夏」 [DVD]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
2012-01-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あの頃映画 「異人たちとの夏」 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



異人たちとの夏 (新潮文庫)
新潮社
山田 太一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 異人たちとの夏 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
異人たちとの夏(1988) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる