邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 原子力戦争 Lost Love(1978)

<<   作成日時 : 2015/04/05 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

同棲相手の女に逃げられたヤクザ(原田芳雄)は故郷に女を探しにやってきた。そこで新聞記者(佐藤慶)から電力会社の技師と心中したと聞かされる。疑問を持った彼は、その技師の妻(山口小夜子)に近づき、原発の事故を隠蔽するために殺されたのではないかという疑問を持つ。・・・
田原総一朗の原作を黒木和雄監督が撮った。不幸な事に福島で原発の事故が起こり、原発利権の強固さや電力会社の隠蔽体質は、見事に白日の下に晒された訳だが、この時代に、もうこういう小説や映画になっていたことを考えると、我々の洞察力のなさが、今回の事故を引き起こしたと言えなくもないのかと思ってしまう。危険であることがいくら分かっていても絶対に原発をやめる訳にはいかなかったのだということを確信させられる。
あくまでも、フィクションとして作られているのだが、原発構内に入ろうとする場面では映画の撮影自体を拒否する警備員との生のやり取りがそのまま使われており、上手く緊張感を増している。
今こそ見るべき映画の一本であることは間違いない。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



原子力戦争 Lost Love [DVD]
キングレコード
2011-12-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原子力戦争 Lost Love [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



原子力戦争 (ちくま文庫)
筑摩書房
田原 総一朗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原子力戦争 (ちくま文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原子力戦争 Lost Love(1978) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる