邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 栄光への5000キロ(1969)

<<   作成日時 : 2015/04/09 15:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

フリーのカーレーサー(石原裕次郎)は、恋人(浅丘ルリ子)等と一緒に各地のレースを転戦していたが、濃霧のモンテカルロラリーで事故にあい重傷を負う。日本に帰った彼はかつてのレース仲間(仲代達矢)と共に、日本グランプリに出場、そしてサファリーラリーにも出場する約束をする。落ち着いた生活を望んでいた恋人は彼の元を去って行く。・・・
笠原剛三の原作を蔵原惟繕監督が撮った。石原プロ制作の映画である。長期の海外ロケを行っており、アフリカの大自然の中を走る画面の迫力は素晴らしい。又、車載のカメラで撮ったレース中の映像も迫力がある。車の好きな人にとっては、これだけでも見る価値がある作品だと思われる。
只、三時間もある大作の割に、筋書きは単純で平凡すぎる。主人公の男女と、友人レーサー(ジャン・クロード・ドゥルオー)の二組の男女が出てくるのだが、どちらもレース好きで、女性の事を省みず、愛想をつかされかけているという同じような設定であり、何のために二組登場させたのか分からない。一応、主人公も恋人のことで悩んでいるようなのだが、伝わってこない。何故、そんなにレースに拘るのかという設定があれば、違った見方が出来たのかもしれない。その上、唐突に、ハッピーエンドで終わるという分かり切った筋書きで興醒めしてしまう。
石原裕次郎がレースのハンドルを握っている場面が多く、石原裕次郎が、石原裕次郎のファンのために作ったアイドル映画だと思って観るのが正解なのだと思う。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



栄光への5000キロ [特別版] [DVD]
ポニーキャニオン
2013-03-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 栄光への5000キロ [特別版] [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
栄光への5000キロ(1969) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる