邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 盲獣(1969)

<<   作成日時 : 2015/05/21 17:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

盲目の男(船越英二)は、芸術写真のモデルをしている女(緑魔子)を母親(千石規子)とともに拉致し、自分のアトリエに監禁して、その女をモデルに触覚による芸術と称し、彫刻作品を作り出す。最初は、嫌がり逃げ出そうとする女だったが・ ・ ・
江戸川乱歩の原作を白坂依志夫が脚本を書き、増村保造監督が撮った。眼の見える人間に対する復讐心を前面に押し出した原作と異なり、一種のラブロマンスとして描こうとしている。只、描いている世界が異常なだけに、あまりに倒錯した関係を描いた恐怖映画のようになってしまって、一般的には受け入れ難いかもしれない。只、そこに母親の盲目的な愛情と女への嫉妬心が絡んで、一般的な男女の愛憎劇との類似点をも織り交ぜている辺りは脚本の妙かもしれない。登場人物が三人のみで、主にアトリエワンセットで撮られているという徹底ぶりもこの映画にはふさわしく思えた。
障害を持った息子を溺愛しつつその人格を認めない母親と、母親に守られた世界から抜け出せない息子が、一般社会とは隔絶された異様な価値観で育ってしまうという事は、現在でも十分にありうることであり、そういう面から考えても面白い映画である。
船越英二と緑魔子はまさに適役と言うべきだろう。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



盲獣 [DVD]
角川書店
2013-11-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 盲獣 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



盲獣 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
東京創元社
江戸川 乱歩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 盲獣 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
盲獣(1969) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる