邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大鹿村騒動記(2011)

<<   作成日時 : 2015/06/26 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

素人歌舞伎だけが有名な山村、大鹿村で鹿肉料理店を営む男(原田芳雄)の下に妻(大楠道代)と駆け落ち相手の男(岸部一徳)が戻ってきた。しかし、妻は記憶障害を発症しており日常生活もおぼつかない。ところが、昔やっていた農村歌舞伎の台詞だけは忘れていない。・・・
荒井晴彦の脚本を阪本順治監督が撮った。昔ながらの正当な喜劇である。人間の哀しみも喜びも喜劇として封じ込めてしまう。気持ちの良い映画を久しぶりに見た気がした。テンポの良いやり取りにクスリとさせられている間に、映画の世界に入り込まさせられている。そして、自分までもがクライマックスの農村歌舞伎に参加している気分になってくる。正に、観客冥利に尽きる時間である。キャストも含めて、真の映画人が揃うとこういう作品が出来るのだということを魅せてくれた貴重な一作であると言えよう。様々な冒険的な試みに参画してきた原田芳雄がこういう邦画の歴史を真っ当に受け継ぐ作品を残してくれたことの意味はとてつもなく大きいと感じる。
キャストはとてつもなく豪華だが、ひときわ目立つのが性同一性障害で悩む若者を演じた冨浦智嗣である。これだけのベテランに囲まれながら自分を見つけていく青年の存在感を遺憾なく演じ切っている。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



大鹿村騒動記【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2012-01-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大鹿村騒動記【DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大鹿村騒動記(2011) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる