邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬鹿が戦車(タンク)でやって来る(1964)

<<   作成日時 : 2015/07/09 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

山中の村に住む元戦車兵(ハナ肇)は耳が遠い母(飯田蝶子)と知的障害を持つ弟(犬塚弘)と一緒に住んでいる。暴れん坊の彼は、村の人々から嫌われ嘲笑われている。元地主(花沢徳衛)の娘(岩下志麻)の全快祝いの席で暴れた彼は警察の厄介になる。元地主はその間に彼の土地を手に入れようとする。それに怒った彼は戦車を持ち出し、村中走り回って暴れるが、・・・
團伊玖磨の原案を山田洋次監督が撮った。山田監督の最高傑作ではないかと思う。弱者を標的にした徹底的な虐めという閉鎖的な日本の社会ではどこにでも起こっている悲劇を実に象徴的に描いているのだが、どこか牧歌的な味わいを残している。昔の因習から抜けだせず、長いものには巻かれろの精神で、標的を虐げ続ける人々を否定するのではなく、彼等が持っている弱さを残酷に描き、笑い飛ばす事で、本質により迫り得るものになっているように思う。そんな中、鳥の真似をしながら高い所に登り、最後は本当に鳥になってしまう弟の存在が、この映画の全てを語り、救ってくれている。
虐め問題が社会現象化している現在にこそ見て欲しい一本である。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



あの頃映画 「馬鹿が戦車でやって来る」 [DVD]
松竹
2012-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あの頃映画 「馬鹿が戦車でやって来る」 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬鹿が戦車(タンク)でやって来る(1964) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる