邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 原爆の子(1952)

<<   作成日時 : 2015/08/17 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

広島への原爆投下によって家族を失った女性(乙羽信子)は、親戚を頼って近くの島で教員をしているが、夏休みに広島に行ってかつて幼稚園で教えていた子供達に会いに行った。そこでかつての使用人(滝沢修)が眼が見えなくなり物乞いをしているのに出会った。 ・ ・ ・
広島で被爆した子供達の文集を下に、新藤兼人監督が撮った。原爆そのものの悲惨さよりも被爆者のその後の生活の大変さを中心に描いているので、全体的に静かなトーンの作品に仕上がっている。その上、主人公の身上の悲劇を描くことなく、あくまでも傍観者として振舞っているので、作品全体の迫力という意味では他の作品に及ばないかもしれない。只、原爆の悲劇は投下された直後のみならず、長く続くものであることを示唆している貴重な作品である事は間違いない。教え子を次々と訪ねていくという構成なので、一人一人のエピソードが薄っぺらくなってしまった点は否めない。使用人とのエピソードも主人公が息子を引き取るという申し出をしたことが結果的に彼を追いつめたようにも思えて単純には感動出来なかった。
まさに復興中の広島の姿が見える貴重な作品である。キャストは、大半を滝沢修、宇野重吉、北林谷栄、奈良岡朋子など劇団民芸で占めており、安心して見ることが出来る。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



原爆の子 [DVD]
角川書店
2001-07-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原爆の子 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほぼ同じ時期に関川秀雄監督で『ひろしま』が作られ、こちらは、月丘夢路なども出ている大作でした。ただ、自主上映で、その後上映されませんでしたが、数年前に見て、結構よくできていると思いました。2本の映画の評価の差は、その後新藤兼人が「近代映画協会方式」で有名になったのに対し、関川は晩年は東映の娯楽映画専門で、「アル依存症」にもなっていたという監督の評価の差だと思います。
さすらい日乗
2015/08/20 09:13
私も『ひろしま』は数十年前に一度見たきりなのですが、非常に感動したのを覚えています。見比べてみたいのですが・・・
松木完之
2015/08/20 14:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
原爆の子(1952) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる