邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争と青春(1991)

<<   作成日時 : 2015/08/05 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

東京の下町に住む女子高生(工藤夕貴)は、夏休みの宿題に「戦争を追体験する」というレポートが出たので、東京の大空襲の時に生き別れた娘を待っている伯母(奈良岡朋子)や父(井川比佐志)の話を聞き、伯母の過酷な運命を知る。・・・
早乙女勝元原作、脚本、今井正監督作品。一般市民からの出資を募って制作された映画で、今井監督の遺作となった。戦争の犠牲になるのはいつも子供と若者だという一貫したテーマに添った、現代の若者を主人公にした爽やかな一遍に仕上がっている。映画として見ると現代と過去の物語が錯綜していて、もう少しどちらかに重点を絞った方が良かったのかもしれないが、迫力ある東京大空襲の場面など、制作スタッフの反戦メッセージの強さに圧倒されてしまう力作である。
主役の工藤夕貴も良いが、脇を、奈良岡朋子、井川比佐志、松村達雄、藤田弓子等のベテランが固めていて危なげない。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



戦争と青春 [VHS]
日活
1992-06-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦争と青春 [VHS] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦争と青春(1991) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる