邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 恍惚の人(1973)

<<   作成日時 : 2015/09/13 18:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

茂造(森繁久彌)は、妻(小野松江)に先立たれ、認知症の症状が現れ、どんどん酷くなっていった。息子夫婦(田村高廣、高峰秀子)、孫(市川泉)が面倒を見るが、嫁の負担が大きくなっていく・・・
話題になった有吉佐和子の原作を豊田四郎監督が撮った。只、豊田監督は体調が優れず、実際には撮影監督の岡崎宏三の下で作られた映画だったようだ。深刻な問題を扱った映画だけに、暗い感じの映画になっているのかと思いきや、流石、森繁久彌の演技力で何となく可笑しさを振りまきながら話が進んでいく。色々と家族に迷惑をかけていく主人公だが、家族から見ると憎みきれない存在であることが十二分に伝わってくる。途中、アルバイトとして面倒を見る学生夫婦(伊藤高、篠ひろ子)も含めて、悪人は一人も出てこない。それだけに、父親から忘れられて拗ねてしまう娘(乙羽信子)の存在が良いアクセントになっている。
それにしても、制度が整い、社会問題として取り上げられる事が多くなっても、老人を取り巻く問題は何十年という時を経ても、変わっていない事を痛感させられる一作である。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



恍惚の人 [DVD]
東宝
2005-10-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恍惚の人 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



恍惚の人 (新潮文庫)
新潮社
有吉 佐和子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恍惚の人 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恍惚の人(1973) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる