邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 天城越え(1983)

<<   作成日時 : 2015/10/04 18:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

母親(吉行和子)の情事を目撃しショックを受けた十四歳の少年(伊藤洋一)は、家出して天城峠を越えようとしていた。そこで、美しい娘(田中裕子)と出会い、母の面影を重ね合わせる。しかし、途中で出会った土工(金子研三)に用事があると言って、去っていった。気になって追った少年が見たのは・・・
松本清張の原作を三村晴彦監督が撮った。土工殺しの犯人を追っていた刑事(渡瀬恒彦)が、事件の三十年後に印刷屋を営んでいるその少年(平幹二朗)と会う現代の部分と、少年が事件の時のことを回想する部分とが交互に現れるのだが、そのバランスがどっちつかずで、どちらの話も中途半端に終わってしまっているような気がする。この感じであれば、現代の部分は導入部だけに絞って、少年の回想の物語にした方が良かったような気がする。ただ、原作が短すぎるためかなり膨らませないと一本の映画にはなりそうにないところがきつい。
主演の田中裕子はまだ若いのだが、演技は円熟の域に達していると言っても過言では無い。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



<あの頃映画> 天城越え [DVD]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
2013-01-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by <あの頃映画> 天城越え [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



黒い画集 (新潮文庫)
新潮社
松本 清張

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒い画集 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天城越え(1983) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる