邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐竜・怪鳥の伝説(1977)

<<   作成日時 : 2015/11/27 16:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

富士山で恐竜の大きな卵を見たという噂を聞いた地質学者(渡瀬恒彦)は、現地に向かって、恋人のカメラマン(沢野火子)と合流した。彼女は友人(清島智子)と西湖に潜り、撮影を試みるが、友人は恐竜の餌食になってしまう。
倉田準二監督作品。本格的なパニック映画を目指して撮られた作品だと思われるが、色々と制約が多かったのだろう。非常に残念な作品になっている。パニック映画としては肝心の恐竜の出番が少なすぎて、その恐竜と翼竜も同時代の特撮作品と比べると迫力不足である。かと言って、取り巻きの人間達については全くと言っていいほど深い説明がなされておらず、恐竜に対する主人公の執念も中途半端にしか描かれていない。恐竜の設定もプレシオサウルスとランフォリンクスが生きていたという設定になっているが、本物とは程遠い造形になっていて興味をそがれる。
明らかに子供向けの作品と思われるが、それにしては女性が恐竜に食いちぎられる場面は残虐過ぎるかもしれない。それよりも、主人公達は最後どうなったのだろうか?



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



恐竜・怪鳥の伝説 [DVD]
東映ビデオ
2005-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恐竜・怪鳥の伝説 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恐竜・怪鳥の伝説(1977) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる