邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 新・唐獅子株式会社(1998)

<<   作成日時 : 2015/11/15 11:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

六年の刑期を終えて出所したヤクザ(赤井英和)は、自分が居ない間に暴対法の前にすっかりケーブルテレビ局に変わっている組の姿に驚いた。局長に収まった彼だったが、連続して配下のヤクザが襲われるという事件に巻き込まれ・・・
小林信彦の原作を前田陽一監督が撮った。とは言え、前田監督はこの映画の撮影中に急逝。残りは、長濱英孝、南部英夫両氏が監督を引き継いだ。そういう不運に見舞われた作品である事を差し引いても、成功したとは言えない出来である。最初のほうの主人公が暴力団をめぐるあまりの環境の変化に驚くところあたりはテンポよく面白く見られるのだが、肝心の組員が襲撃されるあたりからテンポも落ちてきて、ケーブルテレビ局員(つみきみほ)とのロマンスを始め、いろんな話が収拾がつかなくなっている印象を与えてしまう。一度だけの過ちで人生を狂わせてしまった男同士の友情物語など良い素材がいっぱい詰まっているだけに、非常に勿体無い。最後まで前田監督が撮っていればどういう風にまとめたのかと考えると、いろいろと悔しい思いにも駆られてくる。
全体としてスケールの小さいキャスト陣の中で、組長を演じている麿赤兒のカツラをつけての怪演は必見。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



唐獅子株式会社 (新潮文庫)
新潮社
小林 信彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 唐獅子株式会社 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新・唐獅子株式会社(1998) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる