邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS エデンの海(1963)

<<   作成日時 : 2016/02/04 22:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

瀬戸内海の女子校に赴任してきた新任教師(高橋英樹)は、担任のクラスの自由奔放な気質の女学生(和泉雅子)が学校に馴染めずにいるのを気にしていた。自分に対する好意を素直にぶつけてくる彼女徐々に好意をもつようになるのだが、・・・
若杉慧の原作を馬場当が脚色し、西河克己が監督した。同じメンバーで後年、山口百恵を主演にして再映画化していて、そちらの作品の方が有名だが、私個人としては、山口百恵はイメージに合わず、こちらの方がしっくり来る。
原作では、女学生の生い立ちに言及しているところもあり、つまらない因習にとらわれて、人間が自由奔放に生きられないのは何故なのかを問いかけた作品であることは明瞭なのだが、本作品ではいきなり自由奔放な気質の女性として現れるので、その辺りの問題設定はぼやけている。生徒と先生の間の恋愛が問題視されるようなことも、この作品が作られた時代になれば、随分となくなってきつつ有ったこともあろう。戦後すぐなら兎も角、少し時代錯誤な作品と言えよう。そういう意味では、一九五〇年に鶴田浩二主演で造られた第一作目を見てみたいのだが、残念ながら未見。
まあ、そんな難しいことは考えず、溌剌とした青春映画として高橋英樹の格好良さと和泉雅子の可愛さを楽しんでおけば良いのだろう。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



エデンの海 (1951年) (角川文庫〈第298〉)
角川書店
若杉 慧

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エデンの海 (1951年) (角川文庫〈第298〉) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
1950年の鶴田浩二主演の『エデンの海』は、数年前に日本映画専門チャンネルで放送されました。ただ、正規のフィルムではなく、地元に残されていたものを復元したもので、映像はひどくて台詞は半分くらい分かりませんでした。もし、ご覧になりたければ、日本映画専門チャンネルにリクエストしたら良いと思いますが。
さすらい日乗
2016/02/05 10:18
実はリクエストしているのですが、なかなか放送されません。くじけずにリクエストしてみます。
松木完之
2016/02/05 20:43
コピーしてあるので、送りましょうか。ただ、画質は非常にひどいですが。
アドレスに、ご住所を送ってください。
yoshinocho@jcom.home.ne.jp です。
さすらい日乗
2016/02/06 10:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
エデンの海(1963) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる