邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢売るふたり(2012)

<<   作成日時 : 2016/02/09 20:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

東京の片隅で小料理屋を営む若夫婦(阿部サダヲ、松たか子)は、調理場からの失火が原因で店を全焼させてしまう。失意のどん底に有った夫は、たまたま会った店の常連客(鈴木砂羽)と一夜を共にし、彼女から金を受け取る。家に帰ると、妻は夫の不倫を見抜き怒るが、夫に結婚詐欺を働いてもらって、開店資金にしようと思いつく。 ・ ・ ・
西川美和監督作品。夫婦で共同して結婚詐欺を働くという実際にはまず考えつかないようなアイデアが面白い。夫の不倫相手になる女性たちがリアリティを持って描かれているので、その部分だけを見ても物語として面白く見ることができる。ただ、中盤辺りから夫が悪人になりきれず、妻と意識のズレが出てきて夫婦関係そのものが壊れてしまうという落ちは、当たり前過ぎて物足りなかった。最後の木村多江扮する人妻は、話にケリを付けるためだけに出てきたという感が拭えず、それまでの話の勢いを削いでしまったという感じもした。この主人公のような悪者は最後まで危ない橋を渡りながらも悪者で居続ける方が良いのかもしれない。
主演の阿部サダヲだが、前半のコメディータッチの部分は活き活きとして見えるが、後半の内面に葛藤を抱えながら悪事を働き続ける男を演じだした途端それまでの迫力が消えてしまった。その点、松たか子は夫への微妙な愛情を内に秘めた姿を熱演。流石としか言いようが無い。夫が本気で惹かれていくウェイトリフティング選手を演じた江原由夏が光っている。扉座所属の舞台俳優だが、今後が楽しみである。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



夢売るふたり [DVD]
バンダイビジュアル
2013-03-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夢売るふたり [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夢売るふたり(2012) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる