邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 津軽じょんがら節(1973)

<<   作成日時 : 2016/08/22 18:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

東京に出稼ぎに出ていた女(江波杏子)は、やくざに追われる身の情夫(織田あきら)と一緒に津軽の小さな漁村に帰ってきた。単調な生活を送っていた男は盲目の少女(中川三穂子)と親しい関係になっていく。・・・
中島丈博の脚本を斎藤耕一監督が撮った。とにかく、暗い映画である。田舎の持っている否定的な側面を余すところなく描ききったという感が強い。都会に暮らせなくなった男女が逃げのびる先としての価値しかそこにはなく、とても人間らしい暮らしを営む場所として描かれている訳ではない。そこにいる人間らしい存在は、盲目の少女だけであり当然のごとく主人公は彼女に惹かれていく。只、彼女とてやがては瞽女としてそこから離れて行く身であることが暗示される。この映画が作られた高度成長期に切り捨てられた田舎の真の姿を嫌というほど見せ付けてくる。
津軽の自然を大胆に取り入れた映像の美しさと、津軽三味線の音色をふんだんに使った音楽は斎藤監督独特の切れを見せてくれる。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



津軽じょんがら節 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2008-05-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 津軽じょんがら節 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
津軽じょんがら節(1973) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる