邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 長崎の鐘(1950)

<<   作成日時 : 2016/09/21 18:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ID:mwbcf4
画像

長崎医大を卒業した永井(若原雅夫)は学生時代に患った中耳炎のため耳が不自由になり希望の内科ではなく物理療法科に勤務することとなった。放射線療法の研究に没頭し、下宿先の娘(月丘夢路)と結婚し二人の子供を授かり幸せな日々を送っていたが、ある日放射線による白血病で余命三年の宣告を受ける。 ・ ・ ・
ベストセラーの永井隆の原作を、新藤兼人他が脚本を書き、大庭秀雄監督が撮った。原爆を扱った日本最初の劇映画である。 GHQの検閲の下でもあり、原爆とその被害状況は最小限に描き、永井博士の半生をほぼ忠実に描いた作品になっている。後年あたかも聖人君子のように語られることの多い彼の素顔を知ると、より彼の過酷な運命とそれを受け入れて生きようとしたその生き様が静かに胸を打つ作品である。「怒りの広島、祈りの長崎」と言われるが、前半部で主人公を慕う看護婦(津島恵子)ではなくクリスチャンの下宿先の娘と結婚し、信仰の道にのめり込んでいった主人公の生き方は、後の長崎のイメージを定着させるのに十分な力を持っただろうし、穿った見方をすれば原爆を投下したアメリカへの怒りの矛先を違う方向に向けようとするGHQの意向にも沿ったものだったかもしれない。そういう意味では、同じ題材を扱いながら、原爆に対する怒りを叩き付けたとも言える後年の木下恵介監督の「この子を残して」と見比べると興味深い。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



あの頃映画 松竹DVDコレクション 長崎の鐘
松竹
2014-06-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あの頃映画 松竹DVDコレクション 長崎の鐘 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



長崎の鐘 (アルバ文庫)
サンパウロ
1995-04-20
永井 隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 長崎の鐘 (アルバ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長崎の鐘(1950) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる