邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 蜜のあわれ(2016)

<<   作成日時 : 2016/10/05 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

老作家(大杉漣)は近くの金魚売り(永瀬正敏)から買った金魚を愛していた。この金魚、時には少女(二階堂ふみ)の姿になって誘惑してきたりもする。そんな様子に嫉妬して、昔の恋人(真木よう子)の幽霊が現れて少女に纏わり付くようになる。 ・ ・ ・
室生犀星の原作を石井岳龍監督が撮った。もともと原作が変な話であって、こんな話をよく映画にしようと思ったものだと、その発想と勇気に恐れ入る。石井監督が撮ってきたテーマには似つかわしい話だとは思うが。死の影に怯えながらなお色恋沙汰に執着する主人公の姿はある年齢以上の男性には人事とはとても思えず、すぐにこの映像世界に入り込んでしまう。その姿の滑稽さ、だらしなさを大杉蓮が嫌味なく演じていて、面白く観ることができた。相手役の二階堂ふみも「私の男」の時よりも一皮向けた感じで面白い。好き嫌いはあろうが、石井監督の代表作の一本になる事は間違いないだろう。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



蜜のあわれ
2016-09-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蜜のあわれ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蜜のあわれ(2016) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる