邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 吸血髑髏船(1968)

<<   作成日時 : 2016/10/13 16:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

金塊を積んだ貨物船の中で一部の船員が反乱を起こし、船医(西村晃)やその新妻(松岡きっこ)を皮切りに他の船員全員を殺害した。その三年後、その妻の双子の妹(松岡きっこ)は沈没したその船を発見し、航海日誌を発見して姉の姿も見付ける。そんな矢先、犯人達(内田朝雄、小池朝雄、山本紀彦)が次々と変死を遂げる。世話になっている神父(岡田真澄)に妹は姉の復讐をしてきたことを告白するのだが・・・
下飯坂菊馬、小林久三脚本、松野宏軌監督作品。松竹が一時作っていた恐怖映画の一作だが、本作品だけがモノクロで作られておりその効果が遺憾なく発揮されている。沈没船の中の画面や海中の骸骨等、ありきたりの場面もおどろおどろしく見える。一方、話の筋が少し見えづらいところがあり、特に船医とその妻の愛情と復讐劇がもっと中心に据えられても良かったと思うのだが、その辺の作りが中途半端になっているところが非常に残念である。
やはり、この映画の一番の見所は悪役たちの競演であろう。内田朝雄、小池朝雄、金子信雄、岡田真澄、西村晃という当代きっての悪役俳優たちが一同に会して演技してくれるのだから見ない手は無い。主演で一人二役をこなした松岡きっこも独特のエキゾチックな雰囲気を十分に生かし好演している。後のコケティッシュな演技を売りにしていた彼女の姿しか知らない人達にはとても新鮮だと思う。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



あの頃映画 「吸血髑髏船」 [DVD]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
2011-11-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あの頃映画 「吸血髑髏船」 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
吸血髑髏船(1968) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる