邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS ボクは五才(1970)

<<   作成日時 : 2018/02/04 18:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

高知に住む五歳の太郎(岡本健)は出稼ぎに大阪に行った父親(宇津井健)に会いに無賃乗車で大阪まで行こうとする。しかしながら、周囲の大人たちの監視の目は厳しく、なかなか村から出ることすらできない。 ・ ・ ・
実話をもとに、高橋二三の脚本を湯浅憲明監督が撮った。子供向けの気楽に見える娯楽作品であるが、今から見ると大阪で万博があった時代の四国の様子がよく描かれており、この上なく懐かしい風景が次々と現れてくる。大歩危、小歩危の風景こそ現在と変わらないが、高松から先はまだ連絡船がある時代であり、山陽新幹線も通じていない時代であるので、大変な旅行であった。当時、一番便利であったのが「鷲羽」という宇野駅から大阪駅まで直通で走る急行電車であった。これが見えるだけでも、当時四国で住んでいた人にとっては懐かしくて仕方が無いであろう。
映画として見ても、思わず主人公を応援したくなるようにできており、なかなか面白い。特に、左卜全や北林谷栄、ミヤコ蝶々などの超ベテランが脇を固めており、安心して見える作品になっている。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



ボクは五才 [DVD]
KADOKAWA / 角川書店
2016-08-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボクは五才 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボクは五才(1970) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる