邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 化石の荒野(1982)

<<   作成日時 : 2018/02/28 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

現職刑事(渡瀬恒彦)は殺人犯として追われる身になった。そんな彼に接触してきた男(郷^治)から有力政治家の息子(夏木勲後夏八木勲)の尾行を請け負った。親友の新聞記者(川津祐介)の協力を得ながら、事件の背景を探っていく内自分の出生の秘密にまつわる大きな陰謀に巻き込まれて行くことになる。 ・ ・ ・
西村寿行の原作を長谷部安春監督が撮った。山岳アクション物であるが、肝心の筋書きが整理した形で提示することに失敗しており、挙句の果ては、物語の最大のキーポイントを台詞で説明してしまうというお粗末さもあり、最後まで興味を持って見ることができなかった。原作から考えると、エログロ的な要素も盛り込んで楽しませてくれる作品であっても良かったように思うが、せっかく出てくる謎の女(浅野温子)の扱いも非常に中途半端でほとんどそういう役割は果たしていない。アクションシーンについても、最初にカーチェイスがあるのだが、後は山岳地帯での打ち合いに終始しており、もっと工夫が欲しかったところである。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



化石の荒野 [DVD]
角川エンタテインメント
2008-03-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 化石の荒野 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
化石の荒野(1982) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる