邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 警察日記(1955)

<<   作成日時 : 2014/02/06 15:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

会津の貧しい山村を舞台に、警官たち(森繁久彌、三島雅夫、三國連太郎等)の奮闘を、捨て子騒動を軸に描く人情劇。
高度成長期以前の貧しかった日本。そのどこにでもあった風景を見事に切り取っている。事件と言っても、大きい事件などなく、無銭飲食、身売り、万引きなど貧しさゆえの犯罪ばかりで一人一人警官たちが諭して、面倒を見る。日本という国ではこうやって皆が助けあって肩寄せ合って生きてきたんだなあということを思い出させてくれる。それでも、偉そうにしたがる役人や大臣が出てくるが、表面だけ繕いながらどこかで嘲笑している。そういう人達のたくましさが全編から感じられる。
それが、会津を舞台にしているところが象徴的である。明治維新以来、現在の原発事故に至るまで日本の負の歴史を一手に背負わされた感のある福島の地だが、なぜか、こういう人情噺の舞台になることが多い。忘れてはいけない日本の原点がこの土地にあるのかもしれない。
なお、天才子役と言われた二木てるみの出世作がこの映画である。本当に天才だと納得する。宍戸錠の初出演作でもある。

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村

警察日記 [DVD]
日活
2005-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 警察日記 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
警察日記(1955) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる