東京原発(2004)

画像

東京都知事(役所広司)は、副知事(段田安則)他、主だった局長(平田満、岸部一徳、吉田日出子等)を集め、財政難から脱出するため東京に原発を誘致すると言い出す。学者(綾田俊樹)も交えて喧々諤々の議論が始まった。その頃、極秘裏にプルトニウム原料が東京都心を輸送されていた。
山川元監督の作品。原発が有ることが本当に恐ろしくなる映画である。こんな映画が作られていたにも関わらず、福島原発事故を起こしてしまった日本人は本当に愚かだなと本当に思う。そして、今尚、原発を稼働させようとする人がいるなど開いた口が塞がらない。今こそ冷静に皆が見るべき映画である。原発とはどういう物かを簡単に説明してくれる物としても有難い。
それとは別に、楽しく観れる作品になっている。知事の本当の狙いに皆が気付くまでの部分は、会議室だけで進められ、緊張感も有る演出になっている。後半の核燃料ジャックの部分と対照的で退屈させない。
又、舞台出身の俳優を多く揃えたキャストも成功している。洗練されたコメディー劇を見ているような気分にさせられる。
尚、公式サイトはこちら


にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



東京原発 [DVD]
GPミュージアムソフト
2004-09-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京原発 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京原発 (竹書房文庫)
竹書房
山川 元

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京原発 (竹書房文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック