神戸国際ギャング(1975)

画像

終戦間もない神戸の街に男女混合の一組のギャング団があった。単純だが義理堅いボス(高倉健)、 乱暴者の副首領(菅原文太)を中心として暴れまわっていた。トラブルから中国人マフィア(大滝秀治)のところに殴り込みに行くが、逆に顧問として迎えられる。ある日、中国人マフィアの手下(今井建二)が三国人(朝鮮人)ヤクザに襲われ、その報復として、三国人のボス(丹波哲郎)を殺してしまう。・・・
田中登監督作品。日活でポルノ映画を撮っていた監督の作品らしく、その時代の下品な風俗がそのまま描かれており、興味深い。高倉健、菅原文太、夏八木勲などの役者たちも思い切って暴れており、そのアクションを見るだけで一種の爽快感を味わうことが出来る。高倉健は東映の専属としては最後の作品になるのだが、茶目っ気のあるところも見せ、これまで演じてきた役とは少し違う魅力的な面を窺い知ることが出来る。
只、ラストシーンでどうしても高倉健と菅原文太の対決シーンが見せたかったのだと思うが、準主役である菅原文太の役があまりに簡単にボスを裏切りすぎて感情移入しづらいのが残念であった。この人なりの正義を通す場面に、もう一工夫欲しかったような気がする。ボスを愛して最後までついてくる真木洋子が、なんとも言えずいじらしい女性を好演。夏八木勲のアクションのかっこよさと、小悪党を演じた時の大滝秀治のハマりぶりには脱帽した。当時の世界チャンピオン、ガッツ石松の出演はご愛嬌。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



神戸国際ギャング【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2012-08-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神戸国際ギャング【DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック