海街diary(2015)

画像

鎌倉に住む三姉妹(綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆)は、母親を捨てて家を出て行った父の葬儀に出席した。そこで腹違いの妹(広瀬すず)に出会う。義母(中村優子)と残された彼女は鎌倉に移り住む。・・・
是枝裕和監督作品。この監督の作品らしく古い家を守り姉妹のつながりを大切にして生きていこうとする人達の生活の様子は、自然に生き生きと描かれているが、各々の登場人物が抱えている悩みや葛藤を説明している件になると急に分かりづらくなってくる。そのぐらいは観客の想像力で補って観て欲しいと言う事なのだろうが、起用しているキャストを見ても若い観客層を意識して作っているとすれば、不親切にすぎるのではないのだろうか?特に、自分が恋愛を重ねてきて初めて親が家を捨ててまで自分の感情に走ったことを許せるようになるというような複雑な気持ちを説明するには、もう少しあからさまな伏線を用意しても良かったかもしれない。
主人公を演じた四姉妹は、それぞれの個性をうまく演じていてなかなかのもの。主人公の広瀬すずは末恐ろしい。脇を固めた実母役の大竹しのぶ、重要な役回りの風吹ジュンが危なげなく締めていて落ち着いて見て居られた。
鎌倉の美しい風景を満喫できるのも嬉しい。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



海街diary DVDスタンダード・エディション
ポニーキャニオン
2015-12-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 海街diary DVDスタンダード・エディション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



海街diary コミック 1-6巻セット (フラワーコミックス)
小学館
吉田 秋生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 海街diary コミック 1-6巻セット (フラワーコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

好きになれない映画ですね
2016年05月20日 08:52
見ていて、非常に不愉快になりました。
まるで「お鎌倉」と言いたくなりました。
非常に嘘くさい映画だと思います。まあ広瀬すずはかわいいけれど、「ガキと動物には勝てない」という言葉を思い出しましたね。
2016年05月23日 17:37
この監督、ドキュメンタリー作家に戻ったほうが良いですよね。お話を作る能力がなさすぎます。お話を作るならもっとしっかりした原作に基づいて忠実に取れば面白いかな?

この記事へのトラックバック