テーマ:は行

はなちゃんのみそ汁(2015)

新聞記者の信吾(滝藤賢一)は音大生の千恵(広末涼子)と結婚するが、千恵は乳がんを発症する。切除に成功するが、娘の出産後再発する。玄米食を中心とする食事療法でいったんは快方に向かうが、久しぶりに医者にかかったときには、全身に転移していた。その日から千恵は娘に味噌汁の作り方を教え始める。 ・ ・ ・ 安武信吾さん一家の実話を阿久根智昭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランケンシュタイン対地底怪獣(1965)

第二次世界大戦末期、密かにドイツから「フランケンシュタインの不死の心臓」が持ち込まれた。直後に広島に落とされた原子爆弾によって 滅亡したと思われていたが、数年後、広島市内で発見された白人の浮浪児が、保護された研究所スタッフ(ニック・アダムス、高島忠夫、水野久美等)によって、フランケンシュタインだと判明する。予想外の速度で成長し続ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルークリスマス(1978)

国際科学者会議においてUFOの存在について言及した科学者(岡田英次)が数名の外国人によって拉致された。ちょうどその頃、UFOを目撃した人間の血の色が青くなるという事実が世界的に確認された。この事件を追っていた新聞記者(仲代達矢)は、国家の関与を疑いだすが、突然上役(小沢栄太郎)によって、パリ支局へ左遷させられてしまう。 ・ ・ ・ …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ボクは五才(1970)

高知に住む五歳の太郎(岡本健)は出稼ぎに大阪に行った父親(宇津井健)に会いに無賃乗車で大阪まで行こうとする。しかしながら、周囲の大人たちの監視の目は厳しく、なかなか村から出ることすらできない。 ・ ・ ・ 実話をもとに、高橋二三の脚本を湯浅憲明監督が撮った。子供向けの気楽に見える娯楽作品であるが、今から見ると大阪で万博があった時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活の日(1980)

東ドイツで保管されていた細菌兵器が事故により拡散してしまい、南極にいる人達を除き全滅してしまう。南極越冬隊員である地震学者の吉住(草刈正雄)はワシントン近くで大地震が起こることを予想する。ところが、地震の衝撃によってソ連を狙うミサイルが発射され、その報復としてソ連からミサイルが南極基地に向けて発射されることが明らかになる。 ・ ・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初恋・地獄篇(1968)

彫金師の義父(満井幸治)の下から逃れるように東京に出てきた青年(高橋章夫)は、ヌードモデルをしている少女(石井くに子)と知り合い、安宿で抱き合うがうまくいかなかった。青年は少女のさまざまな面を知っていくが、もう一度お互いの愛情を確かめようと同じ宿で再会を約束するが・ ・ ・ 寺山修司・羽仁進の共同脚本を羽仁進が撮った。ドキュメンタ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

百年の時計(2013)

高松の美術館に勤める学芸員(木南晴夏)は、地元出身の大物前衛芸術家(ミッキーカーチス)の回顧展の企画が通りその準備に追われていた。ところが、芸術家本人は自分が故郷を出る時に渡された百年前に作られた懐中時計の元の持ち主を探してくれという。 ・ ・ ・ 港岳彦の脚本を金子修介監督が撮った。「映像の魔術師」、金子監督の才能がこれほどにい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望郷子守唄(1972)

昭和初期、小倉で母(浪花千栄子)ひとり子一人で育った暴れ者、正一(高倉健)が近衛連隊に入隊したが、背中に彫った刺青を見咎められ班長(山本麟一)に辛く当たられる。堪忍袋の緒が切れた正一は班長相手に大立ち回りを演じるが、止めに入った親身に相談に乗ってくれていた軍医(藤田進)を怪我させてしまう。除隊になった彼は軍医の下で働くが、 ・ ・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴走パニック 大激突(1976)

山中(渡瀬恒彦)は相棒(小林稔侍)と組んで連続銀行強盗を働いていたが、逃亡中相棒はトラックにひかれて死んでしまう。山中は愛人(杉本美樹)と逃げのびるが、相棒の兄(室田日出男)や警官(川谷拓三)に執拗に追跡され・ ・ ・ 田中陽造、神波史男、深作欣二共同脚本作品を深作欣二監督が撮った。最初からそんなに難しい映画ではなく、最後は壮絶な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたりのイーダ(1976)

小学生の兄妹(上屋健一、原口祐子)は夏休みに母親(倍賞千恵子)と一緒に広島の祖父母(森繁久彌、高峰秀子)の所に帰省する。そこで兄は古い洋館の中で妹と遊ぶ「歩く椅子」を見つける。一方、母親は恋人(山口崇)を家族に紹介しようとしていたが、貧血が自分の被爆と関係があるのではないかと不安になっていた。・・・ 松谷みよ子の原作を松山善三監督…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひろしま(1953)

広島の高校で原爆を扱った授業中に女学生(町田いさ子)が倒れた。被曝による後遺症の白血病を患っていたのである。担任教師(岡田英次)は、改めて原爆が広島の生徒たちに与えた影響の大きさに愕然とする。 ・ ・ ・ 日本教職員組合が制作した関川秀雄監督作品。原爆が広島の人間に与えた影響を余すところなく伝えようとしている力作である。皆が原爆の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

HOME愛しの座敷わらし(2012)

岩手に左遷された食品会社のサラリーマン(水谷豊)は、家族(安田成美、草笛光子、橋本愛、濱田龍臣)とともに田舎の大きな旧家に引っ越した。東京での生活に慣れきった家族がなかなか順応できない。おまけに、鏡の中に小さな子供の姿が見えたり、不思議な現象が色々と起こり出す。・・・ 萩原浩の原作を金子成人が脚色し、和泉聖治監督が撮った。よくある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風俗行ったら人生変わったwww(2013)

二十九歳になっても女性経験もなく吃音のため人間関係を上手く築けない男(真島慎之介)は、ある日勇気を絞ってデリヘルに電話する。派遣されてきたかよ(佐々木希)を前にした途端、緊張のあまり過呼吸になってしまい倒れてしまう。そんな彼を優しく介抱してくれるかよに一目惚れするが、彼女には風俗で働かなければいけない事情があった。 ・ ・ ・ 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビリギャル(2015)

名古屋の私立高校に通うさやか(有村架純)は両親(田中哲司、吉田羊)の不和などが原因で小さい時から全く勉強に身が入らず、友人等と遊びまわり学業成績も学年ビリであった。二年生の夏休みに塾に通うこととなり、そこの講師(伊藤淳史)との話し合いの中で慶応大学を目指すことになる。父親や担任の先生(安田顕)の冷たい言葉にも負けずに、母親の励ましの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

標的の村(2012)

オスプレイ配備前後の沖縄北部の東村高江地区の住民の「米軍ヘリパッド」建設に対する抗議運動を記録したドキュメンタリー。 「戦場ぬ止み」を近年発表した三上智恵監督が琉球朝日放送記者時代に作った作品。元々、テレビ番組として作られたものを、長尺にして映像作品として作り直したものであるので、ドキュメンタリー映画としてみると荒削りな面があるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百円の恋(2014)

実家で自堕落な生活を送っている女(安藤サクラ)はふとしたいさかいから母親(稲川実代子)から追い出されてしまう。馴染みの百円ショップでアルバイトを始めた彼女は、馴染みの客のボクサー(新井浩文)に興味を抱き、近づくが・・・ 武正晴監督作品。実に退屈な作品である。「男」との出会いをきっかけにボクシングと出会い、立ち直っていくという話だが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八月の狂詩曲(1991)

長崎の郊外に住む祖母(村瀬幸子)のところへ夏休みを利用して孫四人(吉岡秀隆、大宝智子、鈴木美恵、伊崎充則)が遊びに来た。そんな折、ハワイに住む祖母の弟から会いたいのでハワイに来てくれという手紙が来る。ハワイに行けると喜ぶ孫たちだったが、祖母は乗り気では無い・ ・ ・ 村田喜代子の原作を黒澤明監督が撮った。「生きものの記録」もそうで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ふしぎなクニの憲法(2016)

二〇一五年夏、いわゆる安全保障関連法案が国会で強行採決され、国内に憲法論議が盛んに行われるようになった。それからの動きの中で、様々な立場の人の連邦に関する思いをインタビュー形式で浮き彫りにするドキュメンタリー。 松井久子監督作品。憲法の改正を声高に叫んでいる安倍政権のもとで現在の憲法の精神が骨抜きにされることを危惧した監督の思いが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼっちゃん(2013)

派遣社員の梶(水澤紳吾)は、容姿に対する劣等感が強く、何時も自分一人で携帯電話から掲示板にその思いをぶつけながら働いていた。佐久の町で仕事を得た彼は、隣室のイケメンで女にもてる岡田(淵上泰史)の傲慢な態度に複雑な感情を抱かざるを得なかった。そんな中同じく不器用なタイプの田中(宇野祥平)と親しくなるが、同時に知りあった女(田村愛)と恋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広河隆一 人間の戦場(2015)

パレスチナから始まり、チェルノブイリ、福島までフォトジャーナリストとして関わり続けてきた広河隆一氏、その活動は雑誌の編集、原発事故被害者の救援へと広がっている。その姿を追ったドキュメンタリー。 長谷川三郎監督作品。熱い思いを秘めながらレンズを被写体に向け続ける広河隆一の態度は写真家の枠を明らかにはみ出している。社会運動家といったほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人のセックスを笑うな(2008)

美大生(松山ケンイチ)は友人達(蒼井優、忍成修吾)とドライブ中、ふとした縁で女性(永作博美)を拾う。ところが、彼女は彼が通う大学の講師であった。モデルになった彼は彼女と肉体関係を持ち夢中になるが、彼女には年上の旦那(あがた森魚)が居た。・・・ 山崎ナオコーラの原作を井口奈己監督が撮った。ストーリーが単純なので、その分、映像に思い切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2つ目の窓(2014)

奄美大島に住む高校生の界人(村上虹郎)と同級生の杏子(吉永淳)。ユタ神様として生きてきた杏子の母親(松田美由紀)が余命いくばくもないことが分かり、動揺が広がる。 ・ ・ ・ 河瀬直美監督作品。従来の河瀬監督の作品通りドキュメンタリータッチで撮られた映像の中で朴訥に語られる台詞には重みがあって、生と死、輪廻転生について語られる言葉に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坊っちゃん(1953)

新任教師として松山の旧制中学校に新任教師として赴任した男(池部良)は、一本気な性格から揉め事ばかりを起こしていたが、同僚教師、山嵐(小沢栄、後小沢栄太郎)と意気投合していく。そんな時、同僚教師(瀬良明)は彼の婚約者(岡田茉莉子)への教頭(森繁久彌)の横恋慕から教頭の陰謀で九州に転勤させられた。・・・ 夏目漱石のベストセラーの戦後初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンセス・トヨトミ(2011)

会計検査院の三人(堤真一、岡田将生、綾瀬はるか)は、大阪の「OJO(大阪城跡整備機構)」に不審な点を感じる。調べていく内、そこと最初に訪れたお好み焼き屋の夫婦(中井貴一、和久井映見)と息子(森永悠希)とその友達(沢木ルカ)の間に密接な関係が有ることに気づく。・・・ 万城目学の原作を鈴木雅之監督が撮った。監督がテレビ畑の出身らしく、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

PiCNiC(1996)

精神病院に入れられた女性(Chara)は、同じ病院に入院している男達(浅野忠信、橋爪浩一)と塀の上を歩いて外の世界へ出る。そこで牧師(鈴木慶一)から聖書を渡された男は世界が終わると信じこみ、その終わりを見に、塀の上を歩いて長い旅に出る。 岩井俊二監督作品。監督のこんな映像が撮りたいという思いが先走っていて、好きな人だけが見てくれれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秀子の車掌さん(1941)

甲州街道を走るバスの車掌(高峰秀子)は、汚いバスと少ない乗客に不満ながらも、運転手(藤原鶏太、後、藤原釜足)と共に楽しく仕事に励んでいた。ラジオ放送からヒントを得た彼女は、沿線の名所案内をしようと、その原稿を近くの宿に泊まっている作家(夏川大二郎)に書いてもらうが・・・ 井伏鱒二の原作を成瀬巳喜男監督が撮った。「秀子の」という題名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多っ子純情(1978)

博多に住む中学二年生六平き(光石研)は足を怪我した父(小池朝雄)の代わりに祇園山笠の山車を担いだ。その打ち上げで酒を飲まされる。・ ・ ・ 長谷川法世の人気漫画を原作に、原作者と石森史郎が脚本を書き、曽根中生監督が撮った。女性に対する性的興味と淡い恋心、友情と喧嘩等、当時の中学生のありのままの姿を活き活きと描ききって、楽しく観るこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵隊やくざ(1965)

満州北部の日本軍と慰安所しかない町にやくざあがりの乱暴者(勝新太郎)が入隊してきた。彼の教育係には大学での上等兵(田村高廣)が当てられた。軍の規律に縛られず暴れる彼に上等兵は手を焼くが、次第に親近感を覚えてくる。・・・ 有馬頼義の原作を菊島隆三が脚色し、増村保造監督が撮った。鉄拳制裁で部下を命令に従わせる軍隊の中にそれが意味を成さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビルマの竪琴(1956)

太平洋戦争末期のビルマ(現ミャンマー)戦線、英軍に包囲された部隊は投降した。収容所へ向かう途中、投降しない部隊の説得に部隊長(三國連太郎)は水島上等兵(安井昌二)を向かわせるが、彼は帰って来なかった。・・・ 竹山道雄の原作を市川崑監督が撮った。元々、児童文学として書かれたものだけに、細かい設定やビルマの習慣などについては不自然な点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほんの5g(1988)

卒業間近の女子短大生(富田靖子)は、就職活動もうまく行かず、幼馴染(福山雅治)との間もギクシャクしていた。そんな時、ふと入ったパチンコ屋でいきなりフィーバーを出し、その店の店長(布川敏和)から食事に誘われるなど少しずつ生活に変化が現れてくる。・・・ 一色伸幸他の脚本を太田圭監督が撮った。富田靖子のアイドル映画なのだが、とかく悪いイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more