邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京へ来たばかり(2013)

<<   作成日時 : 2015/02/12 15:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

囲碁の修練の為東京にやってきた中国人青年(チン・ハオ)は、千葉から野菜の行商に来ている老婆(倍賞千恵子)と知り合う。彼女の家を訪ねた時知り合った東京で働く彼女の孫(中泉英雄)とも親しくなる。しかし、孫は、脇腹を刺されて彼の元へやってくる。
ジャン・チェンミン監督の日中合作映画。制作陣の狙いはよく分かるのだが、脚本が荒すぎてよく分からない作品になっている。第一、孫が何故刺されたのか?中国の裏社会と関わりのある女(チャン・チュンニン)をかばっての事らしいのは分かるのだが、その彼女がなぜ日本名を名乗っているのか、自分の命を捨ててまで守りたかった秘密とは何なのか、という事を全く説明していないので、主人公の中国人青年との関係に全く絡んでこない。そこまで観客に想像力を働かせろというのは無理だろう。結局、肝心の囲碁の話が浮いてしまっている。これならば、中国人青年に夢を託する老婆の話に絞った方が分かりやすかったと思う。
日本に留学した経験がある監督の実感がこもった作品らしく、全編日本を舞台にしていながら、中国人社会の話になっているのが面白かった。日本でのロケ中に東日本大震災が起こり、数々の困難が有ったにも関わらず、映画を日本公開までこぎつけた執念には敬意を表する。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



東京に来たばかり [DVD]
アメイジングD.C.
2014-06-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京に来たばかり [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京へ来たばかり(2013) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる