邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄道員 ぽっぽや(1999)

<<   作成日時 : 2015/03/12 15:30   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

もうすぐ廃線になる駅の駅長(高倉健)は、娘や妻(大竹しのぶ)が死んだ日も通常通り業務を果たしていた。親友の鉄道員(小林稔侍)は再就職先を紹介するが、乗り気になれない。そんなある日、見知らぬ少女(谷口紗耶香、広末涼子等)が次々と訪ねてくる。・・・
浅田次郎の原作を降旗康男監督が撮った。原作に脚色を加えて、一人の鉄道員の半生を描くという話にしている。最初に高倉健の存在があって考えられた作品という感じで、あまり工夫は感じられなかった。鉄道員という職業が好きで、そのためなら家族の犠牲も厭わないという話はかなりありふれていて、今更どうという事は無い。そういう男の後悔を、現世に姿を現した娘がねぎらうという原作にある部分だけが光っていて、後の部分は高倉健を見せるために付け足したという感じがありありと見て取れる。回想シーンは、子供を残して事故で亡くなってしまう炭鉱夫(志村けん)との友情等に絞って、話をまとめた方が良かったのかもしれない。
北海道の美しい風景と、鉄道に関する細かい描写が見えるのが嬉しいところではある。無人駅が多くなった今、人望のある駅長がいて、そこに人が集まってくるという風景は、最早過去のものになったのかもしれない。寂しい限りである。
まだアイドルというイメージが強かった広末涼子の実質的な映画デビュー作と言ってもいいだろう。しっかりとした演技で味のある映画に見せている。現在の活躍も納得できるところである。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



鉄道員(ぽっぽや) [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2014-10-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鉄道員(ぽっぽや) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)
集英社
浅田 次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄道員 ぽっぽや(1999) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる