邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 「女の小箱」より 夫は見た(1964)

<<   作成日時 : 2015/03/19 17:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

課長夫人(若尾文子)は、仕事ばかりで自分の事を顧みてくれない夫(川咲敬三)に不満を持っていた。そんな時に、夫の株の買い占めを狙っている男(田宮二郎)が近づいてくる。最初は打算で近付いて来たのだったが、徐々に彼女の魅力に取り付けれて行く。・・・
黒岩重吾の原作を増村保造監督が撮った。「男は仕事に生き、女は家庭を守る」という価値観の人間の、自分の自然な愛欲との葛藤を描いた作品で物珍しいものではない。主人公の夫と愛人に夫々別の女がいて、という設定もありふれている。それでも魅せるのは、若尾文子、田宮二郎、川崎敬三、岸田今日子等の演技力、と言うより存在感による所が大きいだろう。俳優の特徴を無理なく引き出して、ひとつの作品に纏めていく手腕は流石。日常生活に不満のある大人達の軽く見える娯楽作品と言ったところだろうか。
高度成長時代、皆が夫々野望を持ちながら生きていた時代の生活様式が垣間見える作品としても面白い。家具調度品などのセンスが微妙に懐かしいのである。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



女の小箱より「夫が見た」 [DVD]
KADOKAWA / 角川書店
2014-06-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女の小箱より「夫が見た」 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



女の小箱 上 (文春文庫 182-5)
文藝春秋
黒岩 重吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女の小箱 上 (文春文庫 182-5) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「女の小箱」より 夫は見た(1964) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる