邦画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 影の車(1970)

<<   作成日時 : 2015/04/13 10:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

旅行代理店に勤める男(加藤剛)は、幼馴染の保険勧誘員(岩下志麻)と偶然に再会する。やがて、彼女と不倫関係になるが、彼女の息子(岡本久人)の眼が、かつて自分が母親(岩崎加根子)の愛人(滝田裕介)に対して抱いていた態度を思い起こさせ、恐怖を感じるようになる。
松本清張の原作を橋本忍が脚色し、野村芳太郎監督が撮った。一連の清張シリーズの中では地味な一作であるが、人間の深層心理の怖さを上手く描き出した佳編である。主人公にとっては半ば無意識でありながら、男女の愛が深まっていくに連れて子供への愛情が薄らいでいく過程の微妙な感情の変化を映画の中で上手く表現している点は流石。
映像的には、主人公の回想シーンで使われている光学処理を施したざらついた画面が主人公の恐怖心を上手く表現していて効果的である。
毎度のことながら、こういう小心者であるが故に犯罪を犯してしまう男は、加藤剛の嵌り役。その演技だけを観ていても充分に楽しめる。



にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村



日本映画 ブログランキングへ



<あの頃映画> 影の車 [DVD]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
2013-01-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by <あの頃映画> 影の車 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



影の車 (中公文庫)
中央公論社
松本 清張

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 影の車 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
影の車(1970) 邦画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる